2010年02月08日

2/8 【小瀬】ユニホーム帯同へ【お別れの会】

今日は小瀬君のお別れ会でしたね。
ソースhttp://baseball.yahoo.co.jp/npb/headlines/20100208-00000013-maip-base?d=0&team=&date=&pg=1&p=
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
オリックス 急死した小瀬選手のお別れの会、400人悼む

 オリックスは8日、チーム宿舎で転落死した小瀬浩之外野手(24)の「お別れの会」を宮古島市民球場で開いた。練習後にマウンド付近に祭壇が設けられ、ユニホームを着た小瀬選手の遺影が掲げられた。「あなたが野球にささげた情熱をチーム全員が引き継ぎ、優勝することを誓います」という村山良雄・球団本部長の弔辞に続き、岡田監督や選手、集まった市民やファンなど約400人が献花し、故人に別れを告げた。

 キャンプ第2クール最終日となったこの日、沈んだチームの雰囲気はやや和らいだものの、練習メニューは大幅に短縮されたまま。「このクールは仕方ない」と話した岡田監督だが、「(お別れの会で)気持ちの区切りはつかんと思うが、小瀬のためにも元気を出さないとあかんやろ」と気丈に語った。第3クールからは練習メニューを元に戻し、予定していた紅白戦を行うという。

 「まだ実感がない」という日高選手会長も、「プロ野球選手である以上、ペナントレースは待ってくれない。彼の姿を心の中に抱えて今季を戦っていかないと」と話し、今後ベンチ内に小瀬選手のユニホームを掲げることを明らかにした。

 小瀬選手はキャンプ休日だった5日にチーム宿舎で転落死しているのが見つかり、この日、遺族らによる密葬が行われた。【和田崇】
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


このまま悲しみに暮れている訳にはいかないしね。
流石選手会長、区切りを付ける良い機会を作っていただけたな・・・と。
この記事を見て、やっぱり小瀬は野球がイヤで死んだんじゃないだろうなぁ〜。
そうだよなぁ〜。
あの小瀬がそんな訳無いよね。
やっぱオリックスは小瀬の死の苦しみを力に変えて野球に取り組んで欲しいなと思いました。

そして。
ソースhttp://baseball.yahoo.co.jp/npb/headlines/20100208-00000527-sanspo-base?d=0&team=&date=&pg=2&p=
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
オリ・田口Vの美酒誓う、ユニホーム帯同へ
2010/2/8 11:03 配信 サンケイスポーツ

 オリックス・田口壮外野手(40)が7日、沖縄・宮古島キャンプ中に宿舎で転落死した小瀬浩之外野手(24)のユニホームを自軍ベンチに飾るプランを明らかにした。練習前には宮古島署へ全選手が集まって帰阪する小瀬の遺体を見送り、涙の別れ。悲しみを乗り越え、背番号「41」に優勝を誓う。

 俊足だったアイツらしい別れだ。選手で作った“花道”を小瀬選手の乗った車がさっそうと走り抜ける。宮古島署で1分間だけ実現した見送り。チーム最年長の田口が、涙にくれた後輩たちの思いを代弁した。

 「彼は亡くなったけど、いつも一緒にいると思っている。彼のユニホームを持ち歩いてベンチに掛けて、シーズンが終わったときに思い切りビールをかけてやるという思いでやらないとね」

 遺族と帰阪する前に、一目会いたい。選手の願いが、遺族の了解でかなった。棺越しに、志半ばにキャンプを離れる仲間と別れを惜しんだ。選手会は、背番号「41」のチーム帯同を検討。ユニホームをベンチに飾り、一緒に戦うというのだ。秋にはビール掛けをやろうな−。去りゆく亡骸に優勝を誓った。

 小瀬選手の死亡が確認された5日、田口は選手会長の日高らと相談。「小瀬に何をしてあげればいいか」を話し合い、何度も球団に掛け合った。きょう8日に宮古島市民球場で「お別れ会」を開催。ファンとともに遺影へ献花し、心にけじめをつける。日高は“出棺”を振り返って「(悲しくて)見れなかった…」。そう話すと、足下を見つめて嗚咽を漏らした。ナインの心に残る傷跡は、決して消えることはない。だが、第3クールの10日から通常メニューへ戻る。涙をぬぐい、開幕へ走り始めるしかない。

 「僕たちは野球をやっていかないといけない。いつまでも暗くプレーすることは、小瀬自身も望んでいないと思う」

 田口が必死に前を向く。1995年は1月に阪神・淡路大震災に遭い、「がんばろう神戸」を合言葉に頂点に立った。それから15年。天国で“守り神”になった小瀬選手と一緒に、14年ぶりのペナントを奪い取る。(周伝 進之亮)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


やっぱこの会を開く為に日高さん達が走り回ってくれたんだね。
しかも、選手会で『41ユニを帯同する』事を検討してくれたとか。
その思いが嬉しいよね。
『ユニホームをベンチに飾り、一緒に戦うというのだ。秋にはビール掛けをやろうな。』
の言葉がしんみりさせますよね。

そして・・・これを・・・・・・。


ソースhttp://ameblo.jp/bickey10/entry-10453724716.html

※※※※※※※※※※※※※※※※
少し落ち着きました
テーマ:ブログ
不謹慎かもしれませんが少し気持ちの整理がついたので今の素直な想いを綴ろうと思います。


何から話せばいいんやろうか…

最初は何が起きたのか理解できなかった。

6日、休日明けの練習日に球場へ到着し、荷物をおろした。 バット、グローブ、スパイクやヘルメットなど球場に置きっぱなしにしてある小瀬の荷物が嫌がおうにも目に入る。


抑えていたものがいっきに溢れ出して涙が止まらなかった…。


その後グラウンドでは全員で黙とうを行った。


短いミーティングを終えるとウォーミングアップに入る。自分や坂口など若い選手が先頭にたってランニングやダッシュをしていく。

いつも先頭に並んでいるはずの小瀬の姿がそこにはない。


再び感極まりその直後のことはあまり覚えていない。惰性でウォーミングアップをしていたと思う。


ユニフォームを着てグラウンドに立つと、改めてこれが現実なんやと感じ寒気がした。信じ難い事実。


前日の5日も警察署へ行き自分のような特別仲の良かった者は事情などを話した。その頃はいまいち実感がわかなかった。


どっからかひょこっと現れて元気な姿を見せるんちゃうかと楽観視すらしていた。


自分以外にもそう思った人は多いはず。


そして翌日、練習のため球場に向かったけど球団の重苦しい雰囲気や報道陣のただならぬ行動に


じわじわと押し寄せる恐怖で胸が苦しかった。


そこで、初めて事の重大さに気がついたのかもしれない。






自分たちの気持ちなんか考えもせずに…。


今日だって球場では献花台が設けられ、球団や訪れた方々が花を手向けた。


そこに用意されていた写真にうつっている小瀬の表情は無邪気に笑っていた。


こっちの気も知らないで、最高にいい笑顔。


悲しみと同時に正直憤りも感じる。


周りの人たちにどれだけ悲しい思いをさせて迷惑をかけているのか怒鳴り散らしたい。


しかし


そんな自分勝手な男に対しても日高さんをはじめ、北川さん、田口さんなどの多くの先輩たちは


球団の方たちと小瀬や残された選手たちのため、チームのために何ができるのか

最善の策を夜遅くまで考えてくれた。


感謝してもしきれないほどこれほど嬉しいことはなかった。つくづく小瀬は幸せもんやったと思う。


後輩や仲間ではなく弟くらいの感覚だっただけに


自分が言うのもおかしいが心の底から感謝したい。






寂しがり、天然、おっちょこちょい、意外と負けず嫌い、人懐っこいなど


小瀬を形容するとかなりの数が頭に浮かぶ。


同じチームになって2年強とわずかな時間ではあったが、それも球場やプライベートで共に時間を過ごすことの多かった証なのかもしれない。


自分にとっての大きな財産へとさせてもらうよ。





悲しいのはみんな同じで自分だけが特別じゃない。


今後、周囲から小瀬のために頑張れと言われても


小瀬自身「ボクの分まで頑張って下さい」とは、おそらく言わないだろう。


そんな動機で自分は野球をしない。


自分のために、この出来事と小瀬を忘れないために今シーズンは思い出深い最高の1年にしなければならない。


そのために気持ちをきりかえて練習を始めている。


今年の成績が振るわず、


小瀬のせいだと言い訳をしたり同情されたり仕方がないと逃げるなら


自分はプロとして野球をやる資格はない。


まだまだ自分は非力なだけに1日も早く元のチーム状態に戻って練習に取り組みたい。





今回のことでたくさんの人たちにお騒がせし、ご心配をおかけしたことを深く御詫び申し上げます。


皆さんからの心強いメッセージは何よりの励みとなりました。


感謝しています。
本当にありがとうございました。


今後とも温かく見守っていて下さい。





最期に天国の小瀬へ


またどこかで会おう
※※※※※※※※※※※※※※※※


大引のブログです。
これが全てだね。

オリックス・・・優勝しよう!!

にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ
にほんブログ村
posted by くつ子 at 22:59| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オリックスバファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辛い事かも知れないかも、キャンプは、沈んでないで、明るくキャンプやらないと、亡くなった人が、見守ってると、思います。
Posted by 瑛美です at 2010年02月09日 10:23
>瑛美さん
ホントそうですね。
…と言うことで、オリックスキャンプ今日の紅白戦より再開です!!
Posted by くつ子 at 2010年02月10日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140609360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。