2012年01月21日

1/21 生物学と宗教

お風呂に入りながら何故かフッとドリーの事を思い出しました。
ドリーとは、世界初の哺乳類の体細胞クローンである雌羊の事です。
こんな事を思い出したのは、最近宗教に掠るような本ばかり読んでいるからでしょうか。

取り敢えず、私はドリーの存在について意見を述べなくてはいけない立場にいなくて良かったとお風呂に入りながら思いましたw

ドリーついて語ると云えば、まず持ち出されるのは生命の誕生とそこに手を入れる生物学に関しての話だと思います。
人間が生命の誕生という行為に手を加えて良いのかという事。
動物ではないですが、人間が人間を作る『人造人間』の話は古くから色々な形で取り上げられています。
日本でも漫画という形で手塚治虫先生が解りやすく書いて下さっているし、特撮でも、『人造人間キカイダー』の話題を出すまでもなく、この話題には事欠きません。
子供向けホラーゲーム『学校の怪談』等にもそれに関する話が出る位この話題はポピュラーだし、人型のロボット、アンドロイド、ガイノイドの話も含めれば、その数は膨大なものになると思われます。

その膨大な作品の中で私が触れた作品などホント微々たる物ですが、その中の多くは、人造人間の便利さや人類への貢献、癒しや学問の発展とその成就を讃えながらも、人間が人間を作るという禁忌の行為への警鐘を鳴らしていました。

『人間が人間を作る。神の行った行為への冒涜』

確かに、人間が人間を作るという行為については議論し、考えなければいけないことは沢山あると思いますが、私が気になったのは『神の行った行為』という部分です。
生物は、40億年以上の昔、海の中で誕生したと考えられているようです。
原始大気中の成分である『メタン、アンモニア、二酸化炭素などの無機物』にエネルギーが加わり発生したとか。
人類が地球上の生き物である以上、この生命の発生から進化を遂げて今の形になった・・・筈です。
と言う事は、人間を作るという行為は決して神の行為ではないということになります。
しかし、人類が生き物に手を加えるという行為を行う時に、神への冒涜と言う歯止め・宗教的モラルが出てくる頻度はとても高いのです。
人間を含む生物が神の作った物で無いならば、この行為は神の領分を犯す、神への冒涜には成り得ません。
しかも、神が人間を作ったと言っている宗教は限られており、例えば、日本の民俗的な信仰体系であり、日本固有の多神教の宗教であると言われている『神道』の基となる書物の一つである『古事記』等では、人間は神が作ったとは書かれていないそうです。
そもそも人間の誕生についてきちんと触れられている訳ではなく、「青人草」や「人草」と言う言葉が出るに留まっているようです。
また、仏教でも人類の誕生については触れられておらず、敢えて言えば、死によって「空」の状態になった生命が、輪廻転生し様々な生き物になると言うような事らしいです。

日本においてメジャーな2つの宗教が人類の誕生と神とを結び付けていないにも関わらず、日本の作品にも多く、人類の発生と神の行為とが結び付けられた考え方による様々な事象が登場してきます。
その宗教の教義が上2つの宗教よりも日本人の宗教的考え方やモラルに影響を及ぼしているとは余り考えられないのに・・・です。

これは、遺伝子を扱う生物学が発展している他の国の方々がその宗教の影響を大きく受けているから、この問題を考える上でのモラルにその事が色濃く出てくるという考え方も出来ますが、その宗教に余り影響を受けていない人間ですら、『神が人間を作った』言葉に縋らなくてはいけない位、生命誕生への介入は生物学者・・・人間にとっての禁忌なのではないか・・・とも考えられます。
記載・実験・理論といった科学的方法によって研究が行われる生物学のモラルを考える上で宗教という人の心の動きようが話題にのぼると言う事自体がそもそも面白いものではありますが、モラルとは結局は人の心の制限のようなもの。
人の心の救済を行う宗教が絡んでくるのは当たり前の事なのかもしれません。

生命誕生への介入が、宗教抜きにしては考えられない程の禁忌である事が、その存在の是非についても影響を及ぼしているように思われます。
生命誕生への介入が禁忌であることとがその存在の否定に繋がっているのです。
例えば、クローンで作られたドリーは遺伝子的に見ても確実に羊であるはずです。
ほかの羊と何も変わらない。
しかし、他の羊と同じ様にはその存在を受け取っては貰えません。
邪な物・決して正しくはない物として受け取られます。
この考え方を人間に当てはめるなら人の手によって作り出された人間は、邪なもの・正しくないものとして扱われると言う事になります。
遺伝子的には受精によって生まれた人間と何ら変わらないというのに。

私は人間を人間の手によっても作っていくべきだとは思っていません。
でも、その分野における学問の発展は願っていますし、作られた生物は同じ生き物として扱うべきだと思っています。
ただ、そこで是非は語れないですね。

本当に難しい問題だ・・・と思いながらお風呂から出ましたwww

ブログランキング・にほんブログ村へ
ラベル:日記
posted by くつ子 at 23:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。